読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開する傍ら、教育関係者の支援事業を行う非営利型一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを「マーケティングコンセプト」として形にし、必要とする人に届け、また、事業者は社会や人に貢献しながら生きていける生活を成り立たせることに伴走する。

コンサルタントとしてのプライド。中小企業・NPOのビジネスやマーケティングのポイントを探る。

いい商品・サービスを作っている人との対話を繰り返していると見えてくるのが、「わかりやすくすること」「シンプルにすること」への抵抗感がとても強いということ。
 
わかりやすく表現することで、低俗なものに見えたり、意図したものと違う様に受け取られたりすることが生じるのではないかということを嫌う。
 
シンプルにすることで、自分たちのこだわりや想いが伝わらないのではないかと感じ、そこにもったいなさや恐れを抱く。
 


とてもとてもとてもわかる。
 


でも、”ビジネス”は「エゴorゴール」だとも思う。
 
エゴを通すことでゴールから遠ざかる。
 
ゴールに至ろうと思うとエゴを手放すところからスタートしなければならない。
 
”ビジネス”という文脈だけに限れば、多くの場合、エゴとゴールが矛盾する。
 
「自分がこだわってやりたいこと」と「売上が上がること」は全然違ったりする。
 
「なんでこんなモノがたくさん売れるんだ?」と思うことがすごく多いけれど、ビジネスの現場で成功しているのはまさにそういうものだという1つの事実は事実として受け入れる必要がある。
 
しょーもない情報商材や怪しいダイエットサプリみたいなものがよく売れるこの世界には辟易する。
 
辟易するけれど、事実はそうだということから議論を始める。
 
人を結果的に幸せにしない商品やサービスなんて駆逐されてほしいと思っているし、人のコンプレックスや感情を煽ってでもお金を稼ごうとする「売り方」も嫌いだけれど、それが結果を出しているということをまずは事実として受け入れる。


 
いま自分が絶対に大切にしたいのは、エゴとゴールが両立するポイントを考え抜いて見抜いて形にしていくこと。
 
人や社会のために、ある意味職人的にこだわって作り込んでいる人の想いをベースに、その想いが絶対に失われないことを前提に、最大限多くの人に、必要としている人に届けられるようにするにはどうするのがいいのかということを、毎日考えている。
 
このあたりは、全然自分の中でもやり方が確立できていなくて、日々模索しながらやっているけれど、自分がコンサルタントとして大切にしたいところ、立脚したいところがどこなのかは、絶対に守り抜いてやり遂げていく。