読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

NLPプラクティショナーコース修了

11/6(日)をもって、「NLP-JAPANラーニングセンター」のプラクティショナーコースを無事修了することができました。

 

 

退職する意思を固めた前後、起業独立の準備を始めたころに出会った「NLP」というテーマ。

  
マーケティング・コミュニケーションの領域での経験を活かし、最大限強みとして伸ばしていくため。
 
セールスマンとしてのコミュニケーションスキルを高めるため。
 
法人設立を実現し、会社の責任者としての振る舞いを身につけるため。
 
コンサルタントとしての課題解決能力を高めるため。
 
自身の課題に向き合い、乗り越えながらセルフイメージを高めるため。
 
人との信頼関係を築き、良好な人間関係を育むため。
 
いろいろな思惑、目的、課題意識を詰め込んで参加したこのプログラム。
 
多くのことを期待しすぎにも見えるかもしれませんが、それぞれについて、本当に沢山のことを学ぶことができました。
 
これほどまでに深い学びが得られる体験はこれまでになかったと言い切れる。
 
そんな学びの場でした。
 
 
●何が学びを生み出したのか
 
振り返ると、大きく3つの要素が自分にとっては大きなものだったと感じています。
 
 
①10日間を半年で学び続けるという体験設計
 
コースとしては、同じ中身を短期集中で学ぶものもありますが、おそらくこの半年かける学び方の方が成長が大きくなる。
 
コースでも繰り返し言われていましたが、「NLPは実践してなんぼ」の世界。
 
学んだことを日常で使い、フィードバックを得ながら次のステップに進める。
 
インプット・アウトプット・フィードバックの積み重ねが丁寧に行えるのがとてもよかったです。
 
違う側面から見ると、10日間で学ぶことはとても多いので、人間が達成できる成長速度にあったペースで学ぶということが必要で、これだけのものを短期集中で学んでも、いっときの高揚感のみ高まり、自分が受け取れる成長の速度を超えてしまう。
 
人間が得られる学びと習得のペースにあった期間設定だったのが、自分にとってはとても良かった。
 
 
②講師と参加者と場
 
僕が受けた回は講師の方が本当にプロ意識の高い、とても尊敬できる方でした。
 
最終日の懇親会の場で「私がいなくても学びが生まれる場を作ることを心がけている」という趣旨のことをおっしゃっていましたが、それがとても僕の心には刺さりました。
 
コンサルタントもカウンセラーもコーチもセミナー講師も、自己重要感を得るために相手を自分に依存させるスタイルを取る方もいますが、僕はそのやり方には反対で、いかにクライアントが自立して意思決定と学びの選択ができる機会を提供できるかを心がけています。
 
そして、それがとても難しいことを日々実感しています。
 
短期的に学びの高揚感を得させようと思ったら、自分の権威性を高め、徹底的に場の価値観を自分が上に立てるようにコントロールし、先生と生徒、上下の関係を作る方が、楽ですし、高い満足度を弾き出せます。
 
しかし、本当にクライアントが違いを生みだし、変化を得るためには、そんな短期的な麻薬のような刺激では意味がないと考えています。
 
「では、どういうやり方で…?」と模索していた中で、講師の方のやり方を10日間体験し、ご本人の大切にされていることを伺えたのは本当に何事にも代えられない学びの機会になりました。
 
そして何より、参加者の仲間たち。
 
最高でした。
 
学ぶ意欲の高さや学びをすぐに実践に活かす行動力と素直さのある方々でしたし、何よりみなさん人を大切にしたい気持ちの強い方でした。
 
だからこそ、本当の自分の課題に向き合う時のガイドとしても信頼できましたし、逆に、自分の課題に向き合いたくない時にもその気持ちを受け止めてもらえている感覚がありました。
 
そんな方々だったからこそ、試験の準備が不十分だったときも、気持ちが落ち込んでいた時でも、休むことなく参加し続けることができました。
 
「ステップ通りに学び続ける」ということがとても大切なプログラムでしたので、場の力に後押しされてそれを遂げられたのは本当によかったなあと思っています。
 
 
③変化の実感
 
NLPを学び続けると、日常の中で使えるコミュニケーションの視点が多く得られます。
 
その実践の場は、毎日の暮らしの中で常に存在しています。
 
ラポール形成のための技術や影響言語のトレーニングは、もう自分の中でどれだけやったかわからないくらい、多くの数を実践しています。
 
1日に数十回、下手したら3桁レベルで実践しています。
 
そして、こうして学びと実践を繰り返し続けた結果、日々自分の中で起きている変化を実感できるということが、さらに学びと実践のモチベーションになる。
 
このサイクルが半年間回り続けて、学びのシステムの中に身を置き続けることが出来たのが、非常に大きなポイントです。
 
この点は①や②とも深く繋がるところで、実践の期間が一定で与えられるからこそ変化の実感が得られますし、仲間の実践が聞けるからこそ自分の実践にも細かなところでチューニングがかけられます。
 
--------------------
 
こうした場に半年間身を置くことができ、すでに成長はある程度手にしているかもしれませんが、気持ちとしては今がスタート地点です。
 
今後も学び続けて変化を生み出し続けていきたいと思います。
 
とりあえず…10日間、頑張った、自分!笑
 
そして、プログラム参加者の皆さん、本当に本当にありがとうございました!!