読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

目的と目標と計画

計画する人は、目的を持っている。

 

計画する人は、目標を決めている。

 

計画する人は、やるべきことを明確にしている。

 

計画する人は、期限を重視する。

 

計画する人は、時間を大切にする。

 

計画する人は、選択と集中に賭ける。

 

計画する人は、目標を修正し、常に自分の行動を振り返る。

 

計画する人は、目標に追われて精神的に追いやられることもある。

 

計画する人は、目標を達成できると大きな喜びが得られる。

 

計画する人は、自分の計画を常に見直し、自分の生き方を考える。

 

 

目標を達成するために、計画を立てる。

 

目標は、達成することが自体が目的ではなく、その背後にある目的を達成することが目的である。

 

大抵、目標は目的を実現するための1つの手段を表しているにすぎない。

 

だから、「目標は達成されていないが、目的は達成されている」ということが起きる。

 

特に、自分にとって無理な目標を設定し、それが達成できなかった時に生じる。

 

振り返って、自己と対話していると気づく。

 

「あ、自分って、本当はあの目標を達成したいと心の中では思っていなかったんだ。」

 

計画は変わる。

 

目標も変わる。

 

でも、目的は変わらない。

 

自分の心が本当に求めている目的を、問う。