読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

【大阪開催】人の心を動かすコミュニケーションの原理と戦略

f:id:amsoat:20160610095011j:plain

■□■______________________

大手広告代理店プランナーに学ぶ!

企画広報スキルアップ講座 final

~人の心を動かすコミュニケーションの原理と戦略~

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■□■

 

(1)自信を持って全力で集客できるか

 

企画の骨子ができあがり、さてこれから広報・集客・営業を行おうという段階になり、急に自分の企画に自信が持てなくなることがあります。

 

仲間と何度も話し合いを重ね、自分の内側にも強い志と情熱がある。

それなのに、いざ広報を始めるとなると、なぜか自信がもてない

多くの人を巻き込もうと飛び込みで営業をかけるときにも、企画の内容に賛同して乗ってもらえるかどうか不安になってしまい、上手に話をすることができなくなる。

それまでの期間、やるべきことは十分にやってきたはずなのに、いざ外部の人に説明するフェーズに変わった途端に、どうしても十分に魅力を語ることができない。

 

世の中のために必要だと思って始めた企画のはずなのに、なぜか、自信をもって人に勧めることができなくなる

 

 

(2)「価値を伝える」にはやり方がある

 

「自分の企画に自信が持てない」ということは、自分で責任を持って企画を進める人間は誰もが通る道だと思っています。

そして、それは、その企画のレベルが低いから生じる感情でもありません

反対に、客観的に見て企画の詰めが甘い段階でも、自信をもって広報・セールスをしている人もいます

 

企画の良し悪しとは別に、ある人は自信を持って周囲を巻き込み、ある人は力強く発信することができない。

こうしたことが起こってしまうのは、一体どうしてでしょうか。

 

それは、「価値を相手に伝える方法」を知らないからです。

 

チームで企画を作るときにはよくあることですが、身内でブレストをしているときにはたくさん魅力的なアイデアが生まれて、チームの熱量がどんどん高まっていくのを感じる。

しかし、外部の人に説明する段階になると、「あの時出てきたアイデアをそのまま伝えても、この人は一緒に盛り上がってくれないのではないか」という不安が頭をよぎります。

 

こうした不安が生じるのは、相手と自分の価値観のギャップを埋める作業をしていないからです。

当然ながら、すべての人間は異なる経験をして生きてきたので、異なる価値観を持っています。

同じチームで企画を進めている仲間は、そもそも価値観が近いから同じチームにいるので、話が盛り上がるのは当然です。

問題は、「いかに価値観が違う相手に、自分たちの企画の価値を魅力を持って伝えることが出来るか」というところにあります。

 

価値観の異なる相手に、いかに企画の価値を理解してもらうか。

 

「コーヒーが好き」と言っている目の前の人に、紅茶の価値を理解してもらうには、どの様にしたら良いのでしょうか。

自分が取り組んでいる「XXX」というあるモノの存在すら知らない人に共感してもらうには、一体何を伝えれば良いのでしょうか。

生き方や経験の違う他者に影響を与え、自分の価値を知ってもらうには、何が必要なのでしょうか。

 

 

(3)基礎を押さえ、自信を持ってコミュニケーションする

 

企画や広報を通じて人の心を動かすには、「コミュニケーションの原理と戦略」を知る必要があります。

 

「コミュニケーションの原理」とは、自分の意思を正確に相手に伝え、相手に魅力を持って理解してもらうための原理です。

「コミュニケーションの戦略」とは、原理を実務に活かす際のフレームワークです。

広報の領域は勿論、企画や営業の段階でも必要な「基礎知識」です。

 

企画や広報に携わる専門家にとっては「基礎」といえるこうした知識ですが、なかなかこうした観点からまとめた書籍はありませんし、専門家が実務の中で我流で編み出すものもたくさんありますので、なかなか世の中にはでていない情報と言えるかもしれません。

 

「原理」と「戦略」をしっかりと押さえて、企画の魅力を周囲の人に伝えていく。

多くの人から興味や共感を獲得し、外部の人の応援を得ながらプロジェクトを進めていく。

企画の魅力を伝えることに自信を持てない状態では、広報や営業をしていても不安に駆られる時間が多くなってしまいます。

その不安を打破し、力強く社会と向き合っていくための「コミュニケーションの基礎知識」を獲得することが必要です。

 

===================

【実施概要】

===================

□タイトル

大手広告代理店プランナーに学ぶ! 企画広報スキルアップ講座 final

~人の心を動かすコミュニケーションの原理と戦略~

 

□日時

7/24(日)13:45~16:45 (13:30受付開始/17:00完全撤収)

 

□会場

コミュニティスペース《co-arc》(こあーく)

〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-15-24

JR京都線東淀川駅東口下車徒歩2分

 Facebookページ:https://www.facebook.com/co.arc/

 Webサイト:http://co-arc.jimdo.com/

 

□募集定員

6名【先着順】

 

□参加費

¥6500

 

□参加方法

下記フォームより必要事項を記入の上、お申し込みください。

http://goo.gl/forms/IfFvQjvItclp4LW73

 

□資料

内容の理解促進と事後の継続的な学習のため、当日配布資料をご用意しております。

 

□講師

上野敬峰

大手広告代理店のストラテジック・プランナー。

マーケティング戦略の立案からCM・キャンペーン・イベントのプランニングまで、マーコム領域を中心に、企業の課題解決を幅広く担当する。

 

 

なぜいまこうしたことを学ぶ必要があるかというと、知っている人と知らない人では圧倒的な差がついてしまうからです。

 

人間は日々コミュニケーションを取っています。

知識としてこうしたことを知っている人は、その時から毎日数十回・数百回と実際に試行錯誤し、すぐに無意識でも使える自分の本物のスキルとして身につけてしまいます

そして、一度身につけたコミュニケーションのスキルは、一生ものです。

 

一方、知識として知らない人は、なぜうまくいかないのかすら理解することができずに、苦しみが続いてしまいます。

 

知っている・知らないの些細な違いでその後の人生での振る舞いが変わってしまうのが、コミュニケーションの技術です。

 

「コミュニケーションの戦略」としてもっとも重要なのは、「相手の価値観を知ること」です。

自分の価値観だけでものを語るのではなく、相手の価値観を把握し、相手が理解しやすい言葉で魅力を語る必要があります。

伝えたいと思う相手のことをよく観察することを通じて価値観を把握することができれば、意思を伝えることはとても楽になります。

 

また、反対に、相手の価値観に影響をあたえることができれば、広報の効果を大きく高めることができます

これまでの経験を振り返れば、自分の価値観や生き方に影響を与えた広告物もあったということが思い出されるのではないでしょうか。

  

そうしたことを意図的に行っている人が持っている基礎知識を、今回は事例やワークを通じて学びます

 

しかし、座学が中心のこの3時間ではすべての情報を落とし込むことは困難です。

 

そこで、セミナー中に紹介した重要な情報やフレームワークは、すべて配布資料としてお渡しします

セミナー後にも継続的に学び、必要に応じて実務で使える様に配慮していますので、その資料を見るだけで、セミナーの内容と実務上の重要なチェックポイントを振り返れるようにしていますので、ご参加いただいた方は資料を事後にも有効活用してください。

 

 

知識を獲得し、対人コミュニケーションの一生ものの基礎を築くためにも、ぜひこちらからお申し込みください。

【参加申し込みフォーム】

http://goo.gl/forms/IfFvQjvItclp4LW73