読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

「日本」という国がもっと生きやすい場になるために

「日本」という国がもっと生きやすい場になるためには、何が必要でしょうか。

 

私は、「一人ひとりの興味関心を尊重した生き方ができるようになる」ということだと思っています。

 

自分の好きなこと、興味があることよりも先に、「社会としてのあるべき姿」が優先されてしまう日本の社会。

学校では「勉強ができる人」「運動ができる人」「課外活動を頑張っている人」が賞賛され、会社では「笑顔で言われたことを手早くこなせる段取りの良い人間」が賞賛される。

それはそれで素晴らしいことで何も間違っていないのですが、一方で、そうではない人、そういうことが苦手な人が居場所を作っていくのは簡単なことではありません。

 

社会に求められる像と自分の像が重ならない人は、どのように生きていけばいいのか。

理解が得られず、時には非難・排斥すらされながら、どの様に自分の生きる道を築いていくのか。

そうした社会の疎外感には多くの人が自覚しているところがありながらも、なかなか簡単にはなくすことはできていません。

 

そんな中で自分にできることは何なんだろうか。

 

しばらく考えた結果、1つ、自分の広告代理店でのキャリアと能力でできることはNPO社会起業家の方々の事業支援」ではないかと思い始めました。

NPO社会起業家と言われる方々は、行政サービスでは補いきれない社会のニーズを解決するために、情熱と行動力を持って奮闘しています。

しかし一方で、事業を推進したり、経営全体を考えて意思決定していくことは、あまり経験がありません。

通常のビジネスをやっていくだけでも難しいのに、よりニッチでよりハードルの高い課題にアプローチしている事業は、利益も出しづらく、時間も労力もかかります。

そうした人々に、企画や広報、あるいは経営の考え方を身につけてもらうことができれば、もっと多くの人が、人や社会の幸福のために情熱を持って生きていくことができるのではないかと考えています。

 

まずは、純粋に社会のことを思っている人々が、生活を安定させ、「社会にいいことをやっていくと幸せに社会の中で生きていけるんだ」という実績をたくさん作っていく

そうなれば、次の世代は「敷かれたレールに乗らなくても良い」「自分が内に抱えている問題意識に自信を持って生きてもいいんだ」と思えるのではないか

そして、そうした人々の取り組みに救われたと思う人が「自分も社会のために、何かをしたい」と思って力強く一人立ちしてくれれば、素晴らしい生き方ができるのではないか

 

だから、まずは、事業を回すということを学ぶこと。

自分でリスクをとり、実績を上げ、多くの人を幸せにしていくこと。

 

それがいま、自分がやるべきことに違いない。

そんなことを考えながら、次の生き方に足を踏み出していきます。