ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

【大阪】成功のための最強の武器「戦略思考」

f:id:amsoat:20160610095011j:plain

■□■_____________________

大手広告代理店プランナーに学ぶ!

企画広報スキルアップ講座 2nd
〜成功のための最強の武器「戦略思考」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■□■  
自分には、実現したいビジョンや目標がある。
その実現のために日々努力をし、周囲の仲間と必死に取り組んでいる。
睡眠時間を削ってまで、小さな改善を積み重ね続けている。
 
しかし、それでも「成果」につながらない

 
ビジョンを実現するための事業やイベントの企画がなかなかうまくいかない。
いいことをやっているはずなのに、ムーブメントの輪が広がらない。
イベントの広報をしても狙ったお客さんが来てくれない。

単価の高い契約がとれない。
一緒に始めた仲間のモチベーションが下がってチームが萎んでいってしまう。
継続的な収益を確保した組織の維持管理ができていない。
 
「人に、社会に、必要なこと」を提供している自負はある
それなのに、
どうすれば自分の思った成果を出せるのかが見えない
 

それは、目標達成に向けた「戦略的な考え方」ができていないからです。 

 

「どれだけ考えても、成功に向けた道筋が見えない。」

そういった悩みを抱える方はとても多いです。

それは、それこそ私が見ている広告会社のプランナーでも日々苦しむところですし、事業の収益化や集客、面白い企画アイデアを生むということでもそうです。

 

失敗しない行動の道筋を見つけるためには、一定の考え方があります。

世の中の本質的なニーズを捉え、人を動かすアイデアを生み出し続ける思考法。

日々、様々な課題を抱えながら生きる中で、それらを解決し次のステップへと進み続ける。
そのために私たちに必要な「考え方」とは何でしょうか。
 
 
【戦略思考】
 
大手の広告会社には、広告を制作するだけではなく
 
「クライアントが解決すべき最も本質的な課題は何なのだろうか。」
「その課題解決のためには、現実的に何に取り組むべきなのだろうか。」
 
ということを考え、答えを導き続けている人がいます。
 
そうした人を「ストラテジック・プランナー」といいます
CMやポスターなどの具体的なアウトプットのプランニングではなく、「プランニングすべきものをプランニングする」という役割があります。
いまうまくいっていないことの最も根の深い原因を見つけ、その原因を解消することの意義と道筋を作り出す
 

では、なぜ、そんなまどろっこしいことをするのでしょうか。

それは与えられたお題の中で考えても、横並びの平凡なアイデアしか生まれないからです。

考えるべきお題、それはまさに「課題」をいうべきものですが、その「課題」に独自の発見や思想があれば、それを解決するアイデアも自ずと独自のものになります

誰にも追随されない力強いアイデアで人と社会を生み出すために、ストラテジック・プランナーは「本質的な課題が何か」というところから思考をはじめます。

 

今回は、そんな「ストラテジック・プランナー」の「戦略思考」を、日々の事業や取り組みに活かすための「5つのエッセンス」を学びます。

自分が情熱を持って取り組むことに、戦略的なアイデアプラスし、次の一歩を見つけるための考え方を学びます。
 
また、ご参加いただく方一人ひとりが、しっかりと理解し、納得して終えられることにこだわりたいと思いますので、参加者数も絞らせていただきます。
今回は【6名限定】での募集とさせていただきます。
少人数で深い学びを実現したいと考えていますので、積極的にご参加ください。
多すぎず少なすぎず、適切な人数で和気藹々と学びを深められれば幸いです。
 
■□■_____________________
▼実施概要
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■□■
□タイトル
大手広告代理店プランナーに学ぶ!

企画広報スキルアップ講座 2nd
〜成功のための最強の武器「戦略思考」〜
 
□日時:6/25(土)13:45〜16:45(13:30受付開始 / 17:00完全撤収)
 
□会場:コミュニティスペース 《co-arc》
Facebookページ https://www.facebook.com/co.arc/
Webサイト http://co-arc.jimdo.com/
 
□募集定員:6名【先着順】
 
□参加費:5800円(セミナー参加 / 配布資料)
 
□参加方法:下記参加フォームよりお申し込み
https://docs.google.com/forms/d/1roAyQ2Latf0YurZJhnU13WE_kmdKaWF2tY3HPJdNGRo/viewform
 
□資料:事前資料、当日資料を用意しています
 
□講師:上野 敬峰(うわの たかお)
大手広告代理店のストラテジック・プランナー。
マーケティング戦略の立案からCM・キャンペーン・イベントのプランニングまで、マーコム領域を中心に、企業の課題解決を幅広く担当する。
 
<今回対象となる想定課題>

✓独自のアイデアで人と社会を生み出すためにはどのようにすべきか
✓ 自分たちにしかできない事業の強みをどのように作るのか
✓ お客さまに必要とされるためにはどういった視点で考えるべきか
✓ 企画・広報・集客を一貫して満足度を高めるためにはどうすべきか
✓ 収益を安定させ、継続的に事業を行っていくためには何を検討すべきか
など、独自の課題を発見し、アイデアで乗り越えていくための考え方を学びます。
 
 
<「戦略思考」のポイント>
戦略的に物事を考え、課題を解決し、あるべき未来を実現するために必要なこと。
それは、「決して課題を矮小化しない」というスタンスです。
 
例えば、「企画を打っても集客にいつも苦労する」という問題意識があったとします。
そのときの課題としては、以下のように様々なことが考えられます
 
✓ 企画内容に魅力がないため、参加したいと思う人がいない
✓ 企画内容は魅力的だが、何らかの理由で参加できない(例:アクセス、設定金額、日時)
✓ 企画内容は魅力的だが、ターゲットとしている人に情報が届いていない
など
 
こうした複数の想定される理由をあげつつ、同時にその対応策も検討しながら、現実的に最も効果が高いと思われる施策を展開するのが通常の考え方です。
 
しかし、これではなかなか結果につながりません。
それはひとえに、「課題を矮小化して捉えてしまっているから」です。
本当に対応しなければならない本質課題は、より上位のレイヤーに潜んでいます。
その本質課題を自分なりに見出し、それが生まれてしまう仕組みの解決に対応しなければなりません。
 
 
本質課題の発見と解決に至るプロセスは、以下のようなイメージです。
 
▼課題解決に至りづらい例
問題意識→「集客にいつも苦労する」
想定課題→「企画はよいが、ターゲットに情報が届いていない」
対応策→「性年代居住地域で絞り込んでFacebook広告をうつ」
⇒課題の深掘りが浅いために、結果につながらないことにコストを投下してしまう。
 
▼「戦略思考」の考え方
問題意識→「集客にいつも苦労する」
 
思考プロセス
そもそも、いつも苦労するということは固定のファン層が形成されていないのではないか。」
「企画の満足度はいつも高いし、『次回やる際も参加するので教えてくださいね』といって貰えている。」
「しかし、実際はリピートしてくれる人は殆どおらず、つも新規の人が参加してくれている。」
「固定客を作れていないことと新規が多く取れていないことのいずれがより大きな問題だろうか。」
「固定客がファンになってくれれば、その周囲のひとも誘ってきてくれるかもしれない。そうした人が増えた方が楽にかつ低リスクで企画が実施できるかもしれない。」
過去に参加してくれた人のことを、自分はこれまで大事にしてきただろうか。そうした人に情報が真っ先に届けられていないことのほうが問題ではないだろうか。」
今後は、満足度の高かった人に優先的に個別でメッセージを送って、参加の意向を確認してみよう。」
「事前に話をする機会が作れれば、企画の内容に意見を反映して、よりニーズに応えた企画が作れるかもしれない
「そうしたことを繰り返せば、少しずつでもファン層が形成されて、口コミをベースに拡大していけるかもしれない。」
 
想定課題→高満足度の過去参加者との関係構築
対応策
✓ 過去参加者の洗い出しとアンケートの読み直し
✓ 個別メッセージでの優先案内や特別割引、紹介割引などの設定
✓ 企画検討中段階でのコミュニケーション
など
 
現状を正しく認識するところからはじめ、様々なオプションを想定・検証して、意思決定していきます。

「いかに課題を深掘りできるか」「いかに自分なりの気づきを得られるか」が重要です。
「問題はこれだから、取り組む課題はこう」と簡単にきめつけてしまうのではなく、現実をしっかりと見据えて、丁寧に一歩ずつ考えを進めていくことが何よりも重要です。
それが、「課題を矮小化しない」という言葉の1つの側面です。
 
しかし、こうした大きな考え方だけを聞いても、「では、自分の課題に実際にどのように当てはめて考えるのか」という問題があります。
思考をすすめるための基本的な考え方やフレームワーク実際の事例をもちいたケーススタディなどは当日お伝えできればと思います。
当日お越しいただいた方には、持ち帰って内容を確認できる当日配布資料もご用意しております。
 
 
目の前の問題を乗り越え続けて、取り組むべきことをいかに成功させていくかという課題について、「戦略思考」という最強の武器の原理と使い方をお伝えします。

それでは、当日を楽しみにしています。