ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

誰が社会をつくるのか?

これまでは外的基準で行動できる人が社会を作ってきた。
 
学歴社会のヒエラルキーは、与えられた基準の中でいかに効率よくパフォーマンスを発揮させるかが鍵になっていた。
 
いまは、その基準でつくられた社会を土台に、いかに内的基準で行動し、個の価値観を社会に埋め込めるかが鍵になっている。
 
「お前は何がしたいんだ?」
「夢を持て」
 
そんなことを就職の時に言われるのも、個人の価値観、個人の内的基準を大切にした社会の在り方を投影している。
 
でも、それを社会の基準をなす企業や基準を作ってきた人が入っているという時点で、「埋め込まれた」ものでしかない。
 
結局は「それまでの基準をベースに一部修正を施すことでさらなる成長を実現しよう」という形でしかないのではないか。
 
そんなことを考えた上で、「じゃあ自分は何をするか」と問われたら、どう答えますか。
 
自分は何を基準に行動するか。
 
この問い自体がすでに詭弁に近いリードなのですが、基準は常に内側に、そしてその上で未来を予測しながら生きていくのがフリーのひとには必要な目だなあと思う朝でした。

人や場の潜在価値を引き出すファシリテーターの役割とスキル

今日は教員志望の学生のための、現役教員との対話イベントを実施しました。

 

私は、全体のパネルトークを進行するファシリテーターとして登壇。

 

先生方から「本人も気づいていなかったような本音の声」を引き出すのが役割。

 

久々にファシリテーターをやりましたが、「ああ、こういう形で話を引き出して行くのは楽しいな…」と思い、そこに思想的・技術的なこだわりもあるので、ちょっと記事に書きたくなり筆を執りました。

 

 

 

この「ファシリテーター」という役割は、同じ言葉でもイメージしているものが人によって全く違うものの代表例みたいな言葉ですが、僕が考えるファシリテーターとは「その人、その場の潜在価値を最大限表出させる機能を果たす人」です。

 

当然、ただ円滑に対話を進行させていくだけの司会役ではありません。

 

「問いかけ」という技を通じて、本人すら気づいていない、あるいは言語化できていない、より本質的な「思い」「動機」「目的」「感情」「行動や思考の前提」などを引き出していくのが仕事。

 

形式は様々で

 

◎「インタビュー」という「一対一」の形式
◎「パネルディスカッション(のコーディネーター)」という「一対数名」の形式
◎「非構成型ワークショップ」という「一対多」の形式

 

など、いろいろな形でその人・その場の最も深い潜在的な意思を表に引っ張り出してくることに挑戦します。

 

 

 

そのときに意識的に使っているスキルは、大きく2つ。

 

「傾聴」「考えてしまう質問」です。

 

 

 

「傾聴」とは、読んで字のごとく、しっかりと耳を傾けて聞くことです。

 

ポイントは1つ。

 

仮説のフィルターを持って聞く、です。

 

その方の個人的な経験に対して、「一般的にはどの様に考えられるか」「自分ならどう考えるか」といった「一般化のフィルター」、または、「自分のフィルター」を通して聞くことによって、話者の独自の考え方や感じ方、行動パターンを分析しながら聞いていきます

 

そうすることによって、本人も自覚していなかった自分の独自性への気づきを与え、なぜ自分はそうした独自の在り方をしているのかを考えるように導きます。

 

 

 

もう一つのスキル「考えてしまう質問」は「傾聴」と深く関連しますが、「ああ…そんなことは考えたことはなかったけれど、言われてみると確かに大切なことだな…うーん。。」と、質問された側が考え込んでしまう質問をあえてするようにしています。

 

これは具体的な問いを見たほうがわかりやすいので一例を挙げると…

 

なぜそのようなことをしようと考えたのですか?」
他の人がしないのに、あなたがそうしたのはなぜだと考えますか?」
「一般的には○○と思われることが多いように感じますが、一般的な立場と異なるあなたにある前提は何でしょうか?」
あえて重要なことを3つあげるとしたら、どの様なポイントがありますか?」
「重要だとおっしゃる〜をもししなかったとしたら、結果はどの様に変わりますか?」

というような質問をするようにしています。

 

こうした質問をすると、話者は「そんなこと考えたことはないけど、うーん…」とうなりながらも自身の直観にアクセスし、自分の思考・行動のより本質的な部分から言葉を紡いでくれます

 

それらの言葉は本人も初めて話すことの場合が多いので、その解釈についてはファシリテーターとして、一緒になってより理解しやすい形に言語化する作業をお手伝いします。

 

 

 

ちなみに今日のイベントでは…

 

A「〜を実現するために具体的にどの様なことをしていますか?」

話者「○○ということをしています。」

Uwapon「もし○○ということをしなかったときを考えると、その相手はした時としなかったときでどの様に違いを見せてくれますか?」

話者「○○をしても変わる人と変わらない人がいるので−−。」

 

というシーンがありました。

 

ここでは、話者が重要にしている価値観を実現するために「○○」ということを実際に意識してやっているということが話の中で出てきましたが、「もしそれをしなかった場合には結果がどの様に違ってくるか?」という「考えてしまう質問」を投げかけました。

 

すると何が起こったかというと、話者いわく「『○○』という具体的な取り組みをするだけでは本質的な変化を起こすことができないと感じているので、どの様なことをすれば狙った変化が起こせるのかはまだまだ研究しなければならないと思っている。ただ、大切にしたいのは『✕✕』なので、そこだけは忘れないように行動している。」という、「○○」より更に重要な「✕✕」という考え方が出てきました

 

これが「考えてしまう質問」の力です。

 

本人も自覚していなかった、より深いレベルで大切にしている概念を導くことができました。

 

こうした発言があちこちで繰り返されると、対話の質は急速に深まっていきます。

 

 

 

冒頭の繰り返しになりますが、「ファシリテーション」で私が大切にしているのは「人と場の潜在価値を表出させる」ということです。

 

その人、その場が気づいていないより深いレベル普遍的な価値を引き出すことを通じて、あるときは学びを高め、あるときは対立を解消します。

 

そのようなファシリテーターを生み出していくことも、今後の課題だと考えています。

戦略的なアイデア発想の検討ポイント

課題を愛すること。

事業・商品・サービスそのものを愛すること。

そして、顧客を愛すること。

 

この3つの愛があれば、どのようなアイデアでもブラッシュアップを重ねて良いものにしていくことができます。

愛や情熱、魂があり、しっかりと時間をかけて検討されているものは、自然と価値の高いアイデアへと昇華されていきます

 

ただ、こうした抽象的な精神ばかりを語っていても再現性はありませんので、戦略的な思考に基づくアイデア発想のポイントを整理したのが、次のスライドです。 

 

< コンセプト:戦略的なアイデア発想の検討フレーム>

f:id:amsoat:20160623093014p:plain

 

課題を解決し、望む未来を作っていくのは戦略的な思考に基いて生まれたコンセプトです。

その事業・商品・サービスが、他ならぬその形をもってこの世に生まれている理由、すなわち存在理由を体現するのがコンセプトになります。

 

そうした力強いコンセプトは、「課題設定」と「戦略的アイデア発想」の大きく2つのフェーズに分けて思考することで、生み出していくことができます。

 

■□■____________________

①「課題設定」のフェーズ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■□■

「そもそも取り組むべき課題は何か」を設定するフェーズです。

今回はこの課題設定については深く記載しませんが、「①課題を矮小化しない」「②課題の整理・分析と再構築」という2つの作業を行います。

 

それぞれについては参考記事を以下にあげておりますので、ご参照ください。

 

▼①課題を矮小化しない

アイデアがつまらなくなってしまう本質的な理由 - "What are you holding, and why?"

▼②課題の整理・分析と再構築

課題設定のポイント①:分析と再構築 - "What are you holding, and why?"

 

■□■____________________

②「戦略的アイデア発想」のフェーズ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■□■

イデアも、ただなんとなく考えて思いつけば良いと言うものではありません。

以下のポイントを押さえて思考と発想を進めていきます。

 

(1)Potential

いまからアイデアを必要としている事業・商品・サービスの持つ可能性やポテンシャルを、一人の最高の支援者として最大限によく評価して、洗い出すフェーズです。

 

例えば、自分が売ろうとしている手作りパンであれば

 

 ✓ 無添加にこだわったうえに味も最高。食べる人を幸せにする力がある。

 ✓ この味を再現するために、家から行けるパン屋はすべて行って研究を重ねてきた。試行錯誤の回数なら誰にも負けないのではと思っている。

 ✓ パン作りの全くの素人だった自分が、ここまで寝る間も惜しんで必死になってつくってきた。情熱さえあれば何でもできる」と人を応援してあげられるパンだ。

 

など。

 

そのパン自体が持っている効用に加え、背景にあるストーリーや情熱も踏まえ、「そのパンを提供することによって誰にどのようなメッセージを伝えることが出来るのか」と考えることで思考をふくらませ、そのパンのポテンシャルを最高に評価します。

 

この作業は、そのパン自体への愛がないとできません

最大の支援者・応援者になって、多様な角度から、そのものの価値を考えて引き出していきます。

 

 

(2)Trend & Insight

自分が提供しようとしているものを取り巻く時流の変化(=Trend)と、ターゲットとする人の思考・心理・行動の状況(=Insight)を検討します。

 

世の中の変化に応じて、その事業・商品・サービスをとりまく環境は日々変化しています。

「電卓」を売ろうと思ったら、30年前と今とでは全く社会的な状況が違います。

過去の成功方法に固執していると、間違いなくうまくいかない領域の1つです。

 

そうした時流の変化を読み解きつつ、今回自分がターゲットにしようと考えている人の思考・心理・行動がどのようになっているのかを分析します。

それは消費データで定量的に導かれる面もあれば、実際にインタビューをすることで見えてくることもありますし、「もし自分がターゲットの人間だったらどのように感じるか」を想像してみることでつかめるものもあります。

 

あの手この手でTrendとInsightについて、思考を広げていきます。

 

 

(3)Rival

商品やサービスを売ろうと思ったら、「ターゲットは何と何を比べて検討しているのか」を探ること、つまり、競合との競争関係を探ることが必要です。

 

「ミネラル・ウォーター」のライバルは何でしょうか。

 

それはコンビニのお茶やコーヒーでしょうか。

勿論そういった面があることは否定できないでしょうから、「お茶やコーヒーよりもミネラル・ウォーターを飲もう」というメッセージを発信することには意義があります。

 

しかし、競合関係はきっとそれだけではありません

 

もし「若い人は水分を摂ることが減ってきている」ということが生じているのであれば、若い人が水を飲まなくなってきたことには理由が有るはずです。

言い換えれば、「水を飲む」というそれまで行われていた行動に代わって行われている別の行動があるのではないか、と考えることができます

例えば、「夏は熱いから水を飲む」という行動がかつてあった場合、最大のライバルは「エアコン」です。

エアコンがある環境が一般化し、以前に比べて夏場に汗をかくことが少なくなったとすれば、必然的に水を飲む量が減ってしまいます。

そうした現象に太刀打ちするためにはどうしたら良いでしょうか。

 

…このように考えを進めると、「検討のフェーズが『課題設定』まで戻ってしまっているのでは」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

実際、その通りです。

 

「①課題を矮小化しない」の参考記事にも記載がありますが、小さな課題に取り組んでしまうと、小さなアイデアしか生まれません。

大きな課題を設定することで、より本質的で魅力的なアイデアが生まれます

 

ですので、戦略的なアイデア発想の作業では、「いま自分は『課題設定』と『アイデア発想』のどちらのフェーズにいるのだろう」と考えることには、あまり意味はありません。

課題設定とアイデア発想は常に表裏一体です。

最終的に自分が取り組む課題が明確になり、そこに自信を持って提供できるアイデアがあればよいので、常に多様な視点から思考・検討を進めることが重要です。

 

 

(4)New Competition Axis

ここまで課題とアイデアを検討して、何かアイデアのタネのようなものが見えてきたら、それらをまとめて「これは、新しい価値観を提供するだろうか」と考えてみます。

それまでの従来の価値観に対して新しい競争軸を持ちこみ、新しい価値観でも行動を提案できているでしょうか

 

従来選ばれていたものから、自分たちの商品・サービスが選ばれるようになるために、新しい生き方を提案できているか。

もしできているとしたら、それは、どのような新しい競争軸を設定することでできているのでしょうか

 

有名な例では、「モノより思い出 NEW SERENA」というキャッチコピーがあります。

これは、「クルマを選ぶときは、1つのモノとして買うのではない。そのクルマは、幸せな『思い出』を作ってくれるものかどうかという点で、ファミリーカーを選んで見てはどうでしょうか。SERENAは、家族の思い出つくりを応援します。」よいうメッセージが込められています。

得てして男性がスペックで選びがちなクルマにおいて、「思い出づくりにふさわしいかどうか」という新しい競争軸を持ち込みました。

 

こうした、ターゲットの考え方を変える提案ができているかどうかを、「競争軸」という観点から検証します。

 

 

(5)Message

最後は、見つけることができた新しいコンセプトを言語化する作業です。

 

コンセプトは、言葉に落とし込まれてはじめて力を発揮します。

「どのような言葉で綴るとこのアイデアの価値を最大限理解してもらえるのか」を検討します。

 

言語化の際には、外に出す言葉とインナー向けの言葉とは分けて考えます。

 

インナー向けの言葉は、特に飾る必要はありません。

チームのメンバーが考え方を共有し、それぞれの言葉で簡単に人に説明できる様になれば十分です。

 

一方、外に出す言葉は、キャッチコピーや商品名・タイトルなど、様々な形で多くの人の目に触れるので、特にターゲットとして設定した人が見て魅力的に感じるかどうかを検討します。

 

こうしたコピーライティングの作業には様々なテクニックがありますので、そちらはまた別の機会にお伝えします。

 

 
☆告知☆
 
7/24(日)13:45〜16:45@大阪にて「人の心を動かすコミュニケーションの原理と戦略」をテーマにセミナーを実施します。
コミュニケーションの上達の秘訣は、「原理を知り、徹底的に反復練習を繰り返して身につける」です。
まずはその「知識」を学び、ワークを通じて実践する場を持ちますので、コミュニケーションのスキルに興味がある方はぜひお申し込みください。
http://t-uwano.hateblo.jp/entry/20160701/1467352653 
t-uwano.hateblo.jp

NPO経営における「人のブランディング」

今日のNPO経営者会議の中で上がってきた一つの疑問として、NPOの経営者はリーダーとしてブランディングしなければならないのか?」という話がありました。

NPOを経営していく上で、目立ったリーダーが業界のオピニオンを引っ張って成功していくというモデルはよく見かけますが、すべてのNPOがその方法を辿らなければいけないのか、という疑問です。

 

実際は複雑なのですが、論点をシンプルに言えば、人のブランディングをやることの意味合いは大きく2つで、「集客」と「高単価化」です。

「あのリーダーがやっているから面白い(にちがいない)」と思わせることができれば、集客につながりますし、固定のファンがいれば「入れ食い」の様な状態で集客ができるので、とても楽です。
また、「あの人が主催しているイベントだから他と比べて高い価格設定なのもうなずける」と思ってもらえれば、同じことをやっても単価を上げていくことができるようになります。

こうした心理は、実際にイベントに参加する際やSNSでの情報発信を見ているととても実感のあることではないでしょうか。


「集客」も「高単価化」も、収益をしっかりと上げていくうえでは避けられない道なので、人をブランディングしていくということでこれらが実現できるのであれば、とてもいいことだと思います。
ただ、逆を言えば、「集客」と「高単価化」は、ともにブランディング以外の方法でもやろうと思ったらできることなので、ブランディングしていくしか方法がないのかと言われればそんなことはないです。

「人のブランディング」は「収益を上げる」ということを目的にした時のあくまでも1つの手段でしかないので、そこにこだわる必要はありません。

ただ、「NPOの経営」という難しいことに取り組む上では、あまり経営に詳しくない経営者の方の場合、この手法をとることが結果的に多いのは事実です。

実際、情熱をもって社会的な課題について発信を繰り返す人は、そのコミュニティにおいてオピニオンリーダーのように自然となっていくことが多いです。
「あまり経営のことを考えなくても自然とリーダーがブランディングされ、結果として収益が安定してくる」という構造が、これまでの日本のNPOでは散見されたかもしれません。

 

今後の課題は「NPOとしていかに事業収益を生み、スタッフを雇用していくか」ということです。

いかにNPOの経営に携わるべきか、考えていかねばなりません。

あおちゃんの成長記録

2016年4月にお迎えした、ブルーのセキセイインコの「あおちゃん」。

 

ネーミングはとても安直で、青いから、あおちゃん。

 

今ではとてもやんちゃ坊主な振る舞いをしていますが、家に来たばかりの頃は小さくて可愛かったなあ…。。笑

 

▼家に来て一番最初に撮った写真。新しい環境にどこか不安な表情ですね。

f:id:amsoat:20160615102217j:image

 

▼買われてきたビニールの中に隠れたがるあおちゃん。最初はとてもくちばしの黒い子だったんです。

f:id:amsoat:20160615102237j:image

 

ぱーるとあおちゃんの初ツーショット。この頃はあおちゃんもまだおとなしかったので、むしろぱーるが興味津々でした。

f:id:amsoat:20160615102256j:image

 

 

▼買ってきたばかりの頃のあおちゃんは、人懐っこくて、しっかりと手乗りをやっていました。しかし、今では…。。笑f:id:amsoat:20160615102311j:image

 

▼手の上で寝てもらえる幸せ。よく寝る子でした。f:id:amsoat:20160615102325j:image

 

▼まだ小さいから赤ちゃん用のご飯を食べていました。お腹が空いて、急いでたくさん食べてしまうから、口にいっぱいついています。

f:id:amsoat:20160615102354j:image

 

 

いまのあおちゃんとは似ても似つかない当時の様子でした。笑

 

これからも元気に育ってね、あおちゃん。