読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウワノキカクのキカクメモ

Uwano Takao 広告会社でのストラテジックプランナーの経験を経て、2016年夏に独立。より人の心を動かし、多くの人に届くマーケティングコンセプトの企画と事業のコンサルティングを行う「ウワノキカク」にて事業を展開しています。傍ら、教育関係者の支援事業を行う一般社団法人コアプラスの理事を務める。人を想い、社会のための情熱で行動する人の思いを、事業として継続的に成り立つカタチに変えていくことをお手伝いしています。

誰が社会をつくるのか?

これまでは外的基準で行動できる人が社会を作ってきた。
 
学歴社会のヒエラルキーは、与えられた基準の中でいかに効率よくパフォーマンスを発揮させるかが鍵になっていた。
 
いまは、その基準でつくられた社会を土台に、いかに内的基準で行動し、個の価値観を社会に埋め込めるかが鍵になっている。
 
「お前は何がしたいんだ?」
「夢を持て」
 
そんなことを就職の時に言われるのも、個人の価値観、個人の内的基準を大切にした社会の在り方を投影している。
 
でも、それを社会の基準をなす企業や基準を作ってきた人が入っているという時点で、「埋め込まれた」ものでしかない。
 
結局は「それまでの基準をベースに一部修正を施すことでさらなる成長を実現しよう」という形でしかないのではないか。
 
そんなことを考えた上で、「じゃあ自分は何をするか」と問われたら、どう答えますか。
 
自分は何を基準に行動するか。
 
この問い自体がすでに詭弁に近いリードなのですが、基準は常に内側に、そしてその上で未来を予測しながら生きていくのがフリーのひとには必要な目だなあと思う朝でした。

目標を常に達成し圧倒的な成果を出すハイパフォーマーになるための前提と方法

今日はシェアハウスに一緒に住む仲間のぐらふと一緒に、家の近所の温泉に行ってきました。

 

連日の仕事と飲み会、家に帰れない毎日で満身創痍だったので、疲れを取りに温泉に。

 

 

 

湯に浸かりながら、人生について語り合う。

 

彼は笑顔で話を聞いてくれるので、どんどん僕は思っていることを吐き出していく。

 

自分がどの様な考えで生きているのか。

 

何を求めて会社を辞めたのか。

 

会社を辞めることを決めた後から今日に至るまでの間の短い期間ですら、目まぐるしく自分の考え方が変わっていっていること。

 

 

 

ぐらふに導かれるままに僕の口から出てきた、今の僕の中に明確にある「生きる・働くの前提になる考え方」の基礎は、「人間は、一人ひとりの能力に大きな差なんてないし、それぞれが出来ることも想像以上に限られている。」という、ある種の人間に対する諦めだった。

 

余談だが、こうした考え方を諦めだと感じるのは、以前の自分が過剰に人間に対して期待していたからかもしれない。

 

より正確に言えば、「自分は周りの人間よりもすごい」と思い込んでいたからだろう。

 

表向きでは謙虚に振る舞いながらも、ハラノソコでは、いい大学を出て、大きな会社に入って…という、わかりやすい「成功の道」(批判を込めて括弧書きにしています)を辿っていた自分に胡座をかき、周囲の人間を見下していたのかもしれない。

 

そんなことを、今日は感じた。

 

 

 

「人間は能力的にはみな違わない」「一人ひとりの人間にできることは非常に限られている」ということを前提にすると、説明できないような揺るぎない事実が立ち現れる。

 

それはスティーブ・ジョブズ孫正義柳井正イチロー石川遼などの様な『圧倒的なハイパフォーマー』とそれ以外の人間の違いは一体何か」という問い。

 

彼らと自分の比較したとき、そこには圧倒的な才能の違い、人間として持っている能力の差異があるような気がしてならない。

 

「ほら、人間、やっぱり持って生まれた才能だよ。」

 

「自分には同じことは何年かかっても絶対にできないし、人間の能力にはやっぱり大きな違いがあるんだ。」

 

そんな風に考えた方が合理的な現実を、私たちはいくらでも例をあげることができます。

 

それでも私が人間の圧倒的な能力の違いを否定するには、理由があります。

 

 

 

私は、ある人が圧倒的な結果を出せる理由は、「能力が高いから」ではなく、「勘所を押さえて行動し続けるから」ではないだろうかと考えています。

 

ポイントは「勘所を押さえる」と「行動し続ける」の2つ。

 

「勘所を押さえる」とは、テコの原理をもちいて小さな力で大きなものを動かすように、「小さな力で大きな変化を促す、最も効率の良いやり方を見つける」ということです。

 

身体のツボを刺激して、狙った不調を治すように。

 

構造を計算して爆弾を設置し、ビルを解体するように。

 

重要な箇所を押さえて、短時間の勉強で高い点数を出すように。

 

世の中には、「こうしたら変化を起こせる」という勘所を見抜くのが上手な人がいます。

 

もし仮に、「人間には能力の差がある」と言うとすれば、この勘所を見抜く力に差があるということでしょう。

 

しかし、この力も決して天賦の才ではありません。

 

起こしたい変化を見定め、その実現のために時間をかけて考え抜いた結果に得られる「発見」なのです。

 

時間と経験の積み重ねによって「見えるようになるもの」です。

 

 

 

そこで2つめのポイントである「行動し続ける」が出てきます。

 

定めた目標、起こしたい変化のために、人に聞いたり、関連する本を読み漁ったり、自分なりに考え、その内容を人にあててフィードバックをもらったり、実際にやってみて反応を見たり…。

 

1つの目的のために行動し続けること。

 

それによって、変化を起こすために最も効率の良いポイントが見えてきます。

 

そして、どれだけ効率のよいポイントであろうと、1度叩いたくらいでは変化はおきません

 

何度も何度も、あきらめることなく、叩き続けることで変化を起こすのです。

 

1989年11月9日。

 

世界を二分する社会思想である資本主義と社会主義の対立を象徴する「ベルリンの壁」が崩壊した日。

 

これが大きな引き金になり、社会主義が崩壊し、資本主義が世界を支配する時代に入った。

 

「壁を打ち破る」という目標のもとに、壁をたたき続けた人たちがいた。

 

その時壁を叩いていた人たちが自覚していた目的は、ただただ物理的な障壁としての壁を打ち破ることだったかもしれない。

 

しかし、その人の無意識の中には「この壁を打ち破ることで、世界を変えてやる」という目的意識があったのかもしれません。

 

その目的に対する思いの強さと「どうすれば社会を変えられるか」と思い悩み続けた人々の蓄積が、あの変化を現実のものにしたのです。

 

 

 

目的を定めて思考と行動を積み重ね続け、変化を実現するための勘所を把握し、一点突破で叩き続けて、壁を打ち破る

 

これが、高いパフォーマンスを出している人がやっていることです。

 

そう考えれば、大切なことは大きな力で壁を叩ける能力ではないことは明らかです。

 

狙いを定めて行動を積み重ね続ける

 

これが、本当に必要なこと。

 

高い能力ではなく、目的のために一点突破で行動し続けることができるかどうかが、結果に関する大きな差を生じさせます。

 

 

 

そして、一人ひとりの人間にできることは、非常に限られています。

 

自分が思っている以上に、自分にはできないことがたくさんある。

 

そう謙虚に捉えれば、限られたエネルギーを1つの目的の達成のためだけに集中させられるかどうかが鍵になります。

 

これが、選択と集中」の本質です。

 

仮に人間に10000のエネルギーがあれば、いろいろなことに手を出してもそれぞれで結果が出せるかもしれません。

 

しかし、実際は10しかエネルギーがないのであれば、その全てを1つの目的のために注いだ人とそうでない人とでは、圧倒的な差が生まれるのは明らかです。

 

「ハイパフォーマー」と言われる人は、果たしたい目的が明確で、エネルギーのすべてをその実現に注ぎ、かつ、それに向かって行動を継続します。

 

それによって積み重ねて来た量が普通の人とは大きくことなるから、大きな成果が出せるのです。

 

 

 

一方、そうした人は、プライベートが崩壊しているということをよく言われたりもしています。

 

地位やお金はあるけれど家庭が崩壊しているということは、よく耳にするところです。

 

そうならないための目標設定の仕方は別の機会に触れますが、仕事だけにすべてのエネルギーを注いでしまうことには、代償がつきまといます。

 

多くの人は、その代償を避けるために、複数のものをバランスよく一定程度実現する分散投資の道を選びます

 

だから、1つの圧倒的な結果を生み出すことはありませんが、それなりにバランスのよい生活の中で幸せを実現することができます

 

 

 

このように、「人間は能力的にはみな違わない」「一人ひとりの人間にできることは非常に限られている」ということを前提に物事を考えると、大きな成果をあげるための仕組みは非常にシンプルだということが説明できますし、また、「本質的なところではその生き方を求めていないから大きな成果を出すことをしない」という判断を無意識でしていることもわかります。

 

こうした前提に立った上で、自分の幸せや生き方、行動の仕方を検討していくことが重要ではないだろうか。

 

そんなことを考えた、9月1日の温泉談義でした。

人や場の潜在価値を引き出すファシリテーターの役割とスキル

今日は教員志望の学生のための、現役教員との対話イベントを実施しました。

 

私は、全体のパネルトークを進行するファシリテーターとして登壇。

 

先生方から「本人も気づいていなかったような本音の声」を引き出すのが役割。

 

久々にファシリテーターをやりましたが、「ああ、こういう形で話を引き出して行くのは楽しいな…」と思い、そこに思想的・技術的なこだわりもあるので、ちょっと記事に書きたくなり筆を執りました。

 

 

 

この「ファシリテーター」という役割は、同じ言葉でもイメージしているものが人によって全く違うものの代表例みたいな言葉ですが、僕が考えるファシリテーターとは「その人、その場の潜在価値を最大限表出させる機能を果たす人」です。

 

当然、ただ円滑に対話を進行させていくだけの司会役ではありません。

 

「問いかけ」という技を通じて、本人すら気づいていない、あるいは言語化できていない、より本質的な「思い」「動機」「目的」「感情」「行動や思考の前提」などを引き出していくのが仕事。

 

形式は様々で

 

◎「インタビュー」という「一対一」の形式
◎「パネルディスカッション(のコーディネーター)」という「一対数名」の形式
◎「非構成型ワークショップ」という「一対多」の形式

 

など、いろいろな形でその人・その場の最も深い潜在的な意思を表に引っ張り出してくることに挑戦します。

 

 

 

そのときに意識的に使っているスキルは、大きく2つ。

 

「傾聴」「考えてしまう質問」です。

 

 

 

「傾聴」とは、読んで字のごとく、しっかりと耳を傾けて聞くことです。

 

ポイントは1つ。

 

仮説のフィルターを持って聞く、です。

 

その方の個人的な経験に対して、「一般的にはどの様に考えられるか」「自分ならどう考えるか」といった「一般化のフィルター」、または、「自分のフィルター」を通して聞くことによって、話者の独自の考え方や感じ方、行動パターンを分析しながら聞いていきます

 

そうすることによって、本人も自覚していなかった自分の独自性への気づきを与え、なぜ自分はそうした独自の在り方をしているのかを考えるように導きます。

 

 

 

もう一つのスキル「考えてしまう質問」は「傾聴」と深く関連しますが、「ああ…そんなことは考えたことはなかったけれど、言われてみると確かに大切なことだな…うーん。。」と、質問された側が考え込んでしまう質問をあえてするようにしています。

 

これは具体的な問いを見たほうがわかりやすいので一例を挙げると…

 

なぜそのようなことをしようと考えたのですか?」
他の人がしないのに、あなたがそうしたのはなぜだと考えますか?」
「一般的には○○と思われることが多いように感じますが、一般的な立場と異なるあなたにある前提は何でしょうか?」
あえて重要なことを3つあげるとしたら、どの様なポイントがありますか?」
「重要だとおっしゃる〜をもししなかったとしたら、結果はどの様に変わりますか?」

というような質問をするようにしています。

 

こうした質問をすると、話者は「そんなこと考えたことはないけど、うーん…」とうなりながらも自身の直観にアクセスし、自分の思考・行動のより本質的な部分から言葉を紡いでくれます

 

それらの言葉は本人も初めて話すことの場合が多いので、その解釈についてはファシリテーターとして、一緒になってより理解しやすい形に言語化する作業をお手伝いします。

 

 

 

ちなみに今日のイベントでは…

 

A「〜を実現するために具体的にどの様なことをしていますか?」

話者「○○ということをしています。」

Uwapon「もし○○ということをしなかったときを考えると、その相手はした時としなかったときでどの様に違いを見せてくれますか?」

話者「○○をしても変わる人と変わらない人がいるので−−。」

 

というシーンがありました。

 

ここでは、話者が重要にしている価値観を実現するために「○○」ということを実際に意識してやっているということが話の中で出てきましたが、「もしそれをしなかった場合には結果がどの様に違ってくるか?」という「考えてしまう質問」を投げかけました。

 

すると何が起こったかというと、話者いわく「『○○』という具体的な取り組みをするだけでは本質的な変化を起こすことができないと感じているので、どの様なことをすれば狙った変化が起こせるのかはまだまだ研究しなければならないと思っている。ただ、大切にしたいのは『✕✕』なので、そこだけは忘れないように行動している。」という、「○○」より更に重要な「✕✕」という考え方が出てきました

 

これが「考えてしまう質問」の力です。

 

本人も自覚していなかった、より深いレベルで大切にしている概念を導くことができました。

 

こうした発言があちこちで繰り返されると、対話の質は急速に深まっていきます。

 

 

 

冒頭の繰り返しになりますが、「ファシリテーション」で私が大切にしているのは「人と場の潜在価値を表出させる」ということです。

 

その人、その場が気づいていないより深いレベル普遍的な価値を引き出すことを通じて、あるときは学びを高め、あるときは対立を解消します。

 

そのようなファシリテーターを生み出していくことも、今後の課題だと考えています。

目的と目標と計画

計画する人は、目的を持っている。

 

計画する人は、目標を決めている。

 

計画する人は、やるべきことを明確にしている。

 

計画する人は、期限を重視する。

 

計画する人は、時間を大切にする。

 

計画する人は、選択と集中に賭ける。

 

計画する人は、目標を修正し、常に自分の行動を振り返る。

 

計画する人は、目標に追われて精神的に追いやられることもある。

 

計画する人は、目標を達成できると大きな喜びが得られる。

 

計画する人は、自分の計画を常に見直し、自分の生き方を考える。

 

 

目標を達成するために、計画を立てる。

 

目標は、達成することが自体が目的ではなく、その背後にある目的を達成することが目的である。

 

大抵、目標は目的を実現するための1つの手段を表しているにすぎない。

 

だから、「目標は達成されていないが、目的は達成されている」ということが起きる。

 

特に、自分にとって無理な目標を設定し、それが達成できなかった時に生じる。

 

振り返って、自己と対話していると気づく。

 

「あ、自分って、本当はあの目標を達成したいと心の中では思っていなかったんだ。」

 

計画は変わる。

 

目標も変わる。

 

でも、目的は変わらない。

 

自分の心が本当に求めている目的を、問う。

【今週末!/大阪開催】「行動を促す人になる」ための3ステップ

f:id:amsoat:20160713025426j:plain

▲3つのステップで「伝える」の技術を飛躍的に高める

  
「必死になって自分の思いを伝えても、相手がイマイチ反応しない…。」
 
そんな経験ありませんか?
 
 
相手の反応が悪くなってしまう理由は、大きく分けて以下の3つが考えられます。
 
【原因1】
伝えたいことが整理されていないため、相手が正しく理解できない。
 
【原因2】
人間の物事の捉え方に沿った伝え方をしていないため、本能的に情報が遮断されてしまっている。
 
【原因3】
相手との信頼関係が築けていないため、自分の話を聞きたいと思っていないから。
 
つまり、
 
「そもそも言いたいことが整理されていない」
「人間の本能に反しているため拒絶されてしまっている」
「信頼関係が築けていない人に無理やり伝えようとした」
 
といったことが問題になります。
 
 
こうしたありがちな問題を乗り越えるための3ステップとして、今回は
 
STEP1:情報整理のトレーニング
STEP2:人間を知るトレーニング
STEP3:相手を知るトレーニング
 
を行います。
 
3つのステップのトレーニングを通じて、「行動を促す人」になりませんか?
 
きっと、日々の仕事や生活、人間関係で生かすことができるはずです。
 
  

====================
実施概要
====================
□タイトル
「教える」「伝える」「学ぶ」に生きる思考トレーニング
〜行動を促す人になるための3STEP〜

□日時
7/16(土)14時00分〜16時30分(13時50分受付開始/17時完全撤収)

□場所
コミュニティ・スペース《co-arc》(こあーく)
大阪市東淀川区西淡路1-5-24
JR京都線東淀川駅」徒歩1分

□配布資料
理解を定着させるためのワークシートおよびテキストをご用意しています。

□参加費
一般3000円 / 大学生 2000円 ※コアプラス会員は10%割引

□参加方法
Facebookイベントページ上で「参加」を押してください。
https://www.facebook.com/events/1061287770631174/

□主催
一般社団法人アプラス(担当 大崎・上野)

====================
 
それでは、当日お会い出来ることを楽しみにしています!